Benaizawa Blog

2017年7月25日火曜日

配慮ができぬ、気配りができないメッセンジャー

0 件のコメント
気配りができないメッセンジャーと題しておりますが、企業間取引に関連しての担当者が
上からの要請を相手に伝達する段階での気配りについてお話します..


企業とすると大企業をメインとしてしまうイメージと理解されてしまいますが、中小企業でもめぐり合うべき例....


取り引きにおいて会社の担当者同士が交渉するは通常の流れですね
そして結論以前の段階で上司へ報告して判断を仰ぐ..でしょうか...

なんら問題もなく、両社ともども相互に良い方向へ進むなら...障害が無ければそれはそれで
お話はうまく進むことでしょう


しかし、どちらかが条件に納得ができない事情で変更の意思を示す場合もありますね


ま、ほとんどは上司の判断でしょうけれど...

さて、条件が納得できなければ変更案を提示しますでしょうね

上司の指示を受けた担当は相手へその趣旨を伝え...折り合いをつけるべく調整に尽力する...


問題はここからです

相手方へのお話のもって行き方...

主張だけ...そのものを伝えても相手が憤慨するだけでしょう


通常の営業感覚を経験から養っている方であれば、相手への気配り....円滑に物事を進めるため、
相手に快く変更を了承してもらうために潤滑油的配慮の言葉を添えるものです


しかし、これができない人もいる
単に上司の意見をそのまま相手に伝える...気配りの言葉は含まない..

それで商談がダメになったとしても自分の責任ではない..
あくまで上司の意向で破断になってしまった...との理解

お話しをまとめ上げようとする意志にかける..

まとめ上げようとの思考はあるのだが、営業力の欠如か?

営業の経験が浅いのか、物事の本質を理解できないでいるのか?
詳細は不明ながらも....

まれではありますが、そのような方も世の中おられるんですね

もし、あなたの会社にこんな人種が存在していたなら、早めに消えてもらいましょう..

とは、短絡的思考....失礼でしょうか?

記事を書く私の方こそ未熟な思考の人間ではないのか?との批判もあるでしょう...
甘んじて受け止めます...


営業力が未熟と判断されるなら、教育すべきでしょうとの意見もあるでしょう

確かにそのご意見はもっともですが、気配り、配慮の心使いとは、人の本質が表れるもので、
そのものが存在しない人...できない人は指導したところで、できないのです...
その理解が正論だと私は過去経験から判断しています


ま、こんな記事を書いた事情もございます

私の前にそんな人種が、久しぶりに現れましてが原因...

上が言っている言葉、指示される要求を加工せずそのまま伝えてくるんですね

で、私もあきれてお話を無として対処しましたが、

ご返事は...会社に伝えときます...で終わり...




当事者は営業職とのことでしたが...使えん奴やな~が、私の評価...
















2017年4月12日水曜日

人材確保は関連ジャンルからの転職者ですが?

0 件のコメント
人材の純粋育成を基本としている企業では、何かしらの事情が伴わないない限り
中途採用は行われないことでしょう...

ま、大きな会社の事情はさておいて、ここでは以外の事業での範囲で..
事業の拡大に伴い人材の確保は、必要に迫られる重要な事ですね

さて、人材の確保はさておいて、求人は職業安定所や、情報誌で求めることでしょう

雇用するかどうかは、通常知り合いでもなければ初対面ですので人、履歴書から
おおまかに判断するわけですね

ここまでは通常のこと...

該当するジャンルの経験者であれば即戦力として活躍を期待できるでしょう

しかし、経験者は逆の見方をすれば警戒しなければならない存在とも...?

...慎重をきたすべきことが多くございます


転職は初めてか

同じ業種経験か、複数転職、初めてでもですが、あなたの会社の情報が外部に
流出することでマイナスになると判断する場合

顧客情報、技術情報

初めての転職でも、今後同業種にいずれ転職することもあるとして

以降、永年勤続できず退職するという先々のことを考え雇用契約は詳細を含めて
結んでおきましょう

人とは次なる仕事の基準として、同業を選択する確率が高いものです


関連する業種であれば、些細な情報でも朗報...となることもある
それで、行く末が変わることも...?


業務情報のすべてを次なる雇用先で公開しないこと...ですね

会社内での、顧客情報や技術情報、他の重要情報でも時間の経過とともにおのずと
社員には共有されてしまう傾向がみられます
できる限りの情報管理を事前対策として備えましょう

雇い続けていると会社がダメになる人たちのお話

0 件のコメント
会社、個人事業も含めてですが、雇用される人は事業利益を得るための必要不可欠な
存在であることは世の中の多くを見ても当然のことでしょう

しかし、会社という利益獲得を常に至上命題としての流れに意思を持って逆らう者
流れについていけずの者...

会社に存在を置くものの、外部からの収益を目指す...
情報を利用しての個人的収益をですね...

でも、たかが一人のこと、放っておけば....
ですが、たった一人の平社員でも、甘く見てはいけません

会社内の人間関係に亀裂を生じさせたり、会社そのものが存続不能になるまでの
力を時として発揮してくれるのです

何ら問題ない職場環境、人の楽しいコミニュケーションも大事
ですが、輪を乱したり、給与をいただくためだけに働いているものの、いつしか会社に
損失を与えている等々いろんな不利益社員も少なからずおられます

そんな事例をまとめております



出勤すれば給料、ボーナスがもらえる

お仕事はできない、仕事を任せれば一応できるもののた社員と比較すれば大幅に遅く
無駄な時間の浪費
ミスも多い、例はよく耳にするダメ社員の代表格ですね

仕事とは通常にこなせば人とさほどの差はみられないはず
でも、異常に差がみられるのは集中力の不足か、心ここにあらず

一応会社に出勤さえすれば給与、およびボーナスはいただけると勘違いしている
そんな事情でしょうか

しかし、指導方法や担当する職種が合わないのかもしれないので、とりあえずは
改善する努力をしましょう
ですが、どうしても改善されないなら、致しかない結論



社内情報の外部流出

今やIT時代かどうかは別にして、ネット関連で報酬を稼ごうとする副業形態も多く
会社に自分が属していること自体を軽く考えている方もおられるようです..

営業、技術関連で見られる例ですが、会社で得た情報でおこずかい稼ぎ
情報の種類によりますが、時として高価な取引も可能

会社の存続にかかわるような重要な情報でも、愛社精神に欠ける自己本位の
方でしたら、会社よりお金と判断するようです

どう対処する?..ですが、ご自身でお考え下さい


2017年2月15日水曜日

付き合いを始めたばかりでも10年来の友人のような態度を示す不思議な人

0 件のコメント
お仕事か、遊びでか、初対面、もしくは2回目でも、なぜか?10年来の友人であるあのような
親密度で人に接する方が、まれにはおりますね

ま、数日前、安倍晋三首相とドナルド・トランプ米大統領の日米首脳会談が行われました
大統領選で勝利し、まだ就任前に安倍晋三首相はトランプ氏に会うため渡米しているので
面談は2回目なんですが、就任後は初めて...

二人とも親密さをアピールしてましたが、演出はトランプ氏が主軸を握っているのは明白ですね

トランプ氏個人の別荘に宿泊....大歓迎の祝賀会
米フロリダ州パームビーチのトランプナショナルGCジュピターで18ホール、その後トランプインターナショナルGCウェストパームビーチに移動してハーフラウンドをともにした

...等々、トランプ氏の安倍晋三首相に接する親密な態度?を傍観していると類似人種を
思い起こします

初めから親友のように接する性格の方は、どちらも同じ性格の場合例がないので、そこの部分は
何とも言えませんが、片方がそんな性格であればもう一人はほとんどしばらくの間、その人に
取り込まれてしまうようです

相手を持ち上げ、話は合わせる、よいしょはするでおだて挙げられた方は、こいつは、いいやつだと思い込んでしまうんでしょうね

ほとんどといいましたが、その馴れ馴れしさに不快感を示す人もいます
過去経験からくるのか、そんな人種が嫌いなのか...そこは不明


でも、なぜか?親密のある関係に見えても、お付き合いはほとんど短命に終わります
ほとんどは、いやなでき事、言葉でか、金銭事..約束事で...いやな思いでが残るだけ

初めのころは、自分を持ち上げてくれたとしても、時間の経過とともにただの人扱いに
変わり、よいしょすらしてくれません

所詮、太鼓持ち程度の思考、自分に得することがないと判断されてしまえば、用はない..
ですね



通常、大多数の方はこの辺でつまらんやろーだと判断してお付き合いを終了するのですが
それができずに更なるいやな思いで作りに進んでしまうこともあります


いつも自分を立てて、持ち上げてくれた人がいきなり冷めた態度に...
すると、今まで持ち上げられていた人は、もう一度前のような態度で接してもらいたくて

逆に相手をよいしょしなければならなくなる....

いつの間にか?初対面当時の立場が入れ替わっている
ここまでくると、一応お付き合いはしていてもあまりよい状況とは言えませんね
いいこともない....です

実際、見た例ですからほんとですよ

このような人種は、計算ずくなのか、元来の性格なのか?
今判断としては、生まれつきみたいですが、最初から慣れ慣れしい輩は、事前に付き合わずを
心構えとしたほうが無難でしょうということ...でした


お付き合いとは、時間をかけてより良い形で進化させるもの...と理解しましょう




























2017年1月24日火曜日

今の仕事は経験のため?

0 件のコメント
以前、数年前目にした、ユニクロの柳井さんの記事を思い起こしました

事業を営む私からすれば忘れられない言葉です
ユニクロでがんばった、利益を追求企業の糧として実績が認められ昇進すれば
年収一千万円へとステージを上げることができる
仕事にやりがいを持てる...良い目標ですね

しかし、時として目標を別におく社員もいる
ユニクロで仕事を頑張るは、同じとして昇進は目指さず、次なる職場、

ライバル企業へ転向するときに良い位置、高収入を得るため
確かにユニクロである程度お仕事を経験すれば、ノウハウが身に着けられ
内部事情も把握できる

ライバルであれば、自分たちでは知らぬ情報が手に入る...で、人材としては
欲するでしょう...

また、独立を目指すための財産作りともなりえるわけですね

社員からすれば、どちらを目指すにしても、未来の自分の糧とするです
しかし、柳井さん曰く...
ユニクロでの仕事を、経験を次のステージへのステップにする奴は、いらない
そんな目的があるなら最初からうちへ来るなとということです..

他社で活躍するためという事情は、人としていかがなものか、論外でしょうね
独立したい希望があるから頑張る、、は理解できますが、これは個人差によります
でしょうか

現実をみてみれば、起業する人は、いきなり畑違いを選択する例も見られますが、
過去経験を生かしてお仕事を始めるが、多くを占めているようです

業種によりますが、古巣とうまくお付き合いしながら進める人
起業したことで古巣の営業を妨害いしてしまうこと

各事情はありますが、それがあるから世の中進展しているも事実

決して、柳井さんを否定するわけではありません
私も、過去経験からすれば、柳井さんの意見に賛成の立場です

独立するなら自分にいろんなことを教えてくれた職場を裏切らないよう
物事を進めてほしいと願うだけです

2017年1月10日火曜日

できることをもう遅いだろうとやらなかった後悔

0 件のコメント
理想を抱きやりたいことがあるなら迷わずやってみる、それが成功の秘訣?

現状の安定が崩れることに躊躇し、やらず留め置けばいずれ後悔するだろうとはいうものの...

いつも心は不安定状態。


今までの人生を振り返れば、あれこれと世の中に興味を抱きやりたいことはたくさんあったはず。

しかし、その時点で迷い、またはもう遅いだろうとチャレンジしなかった。

でも、同年代っであってもチャレンジされた方は少なからずいるのですね

チャレンジした者は、どうであろうとよくも悪くも何かしらの結果が現れる、
いや、得ることができる...と理解しましょうか、
そして何もせず、自己満足に適合させた夢だけ見て妄想で...終わりの人生もある、

それでは悲しいね..

...と理解はしていても現状から抜けだすのは容易ではありません。



若いとされる年代に理想はあるものの、チャレンジしなかった
いやできなった自分に後悔しています。


さて、なぜこん記事書いているかというと、友人知人を含めてほんの一握りの方々
いきなり商売替えや起業をされた例がございます。

いきなりなんだと!とみておりましたが、周りからすれば突然のことなんですが
本人は、事前に計画を練り上げ用意周到に立ち上げたのですね、


ある友人は、40歳で今までお勤めしていた会社を辞めて、世界の国々を検分するんだとかで
海外にトラバーユ、

外から見れば、何考えてるの?

よく言えば、勇気あるね

でも、本人にしてみればそれなりの理由はあるのでしょう

まだ、帰国しませんが生きているのかさえ音信不通....

生きて会えることを期待してます




人は、いくつになっても夢は捨てきれず後で、やっていればと後悔するなら、
好きなことをやりたいことをやるべきでしょうか


私の例でいえば、その理屈は理解しており、いろんな興味を持つものにできる限り
(金銭的にチャレンジできないこともあり)

チャレンジし続けているのですが、ま、結果は成功とはいえませんし、精神的にも満足できず
...何とも困り続ける悩み多き人生なんですね。

しかし、まだまだとがんばってみます


ま、皆さんも人生いろんなことにチャレンジすることでしょう

でも、いいこともあれば、真逆のことも繰り返しめぐり逢いますね

頑張り下さいと応援しますが、いつしか満足できたといえる時が来るはず、

途中でめげないでください








2016年12月31日土曜日

いい人と評価されるとは、

0 件のコメント
あの人はいい人よ、もしくはあの人はいい人だと評価される方は、ほんとに
いい人でしょうか?

いい人とは、その人の本質でしょうか

それとも、ある範囲内での仮のお姿でしょうか..

実際、ほんとにいい人とはいるんでしょうか?....

あの人は関わりたくない、相手にしたくない、無視しましょうとの評価を
得ている方もおりますが、いろんな人が混在しての社会で致し方ない世の事情?
そこは省いてお話を進めましょう

皆さんは、世間から、周りの人たちからどのような人として見られたいですか?
多くの方であれば、世間からあれこれ言われない良い評価を得たいものかと、
理解しての記事進行..


他人の非難をしない
確かにそんな方おりますね
決して他人をけなさない...ほめることもしませんが...

余計な意見を言わない...
こんな対応の方もおられます...ね

過分な自己観念的意見を主張すれば、嫌われることが理由でしょうか

それとも、常に心踏まえているのか、それとも生来の修正なのか?


気配り上手
良い人と評価される相対効果ではNO1
決して見返りを求めないもプラス

挨拶
これもお付き合いには大切な要素

おせっかい
やりすぎると逆効果になるので限度をわきまえる

ウソ、連動する作り話をしない
いい人と評価される以前の大事なこと
一度でも実行してしまうと回復は当分無理

等々、いい人とはいろんな対人条件に当てはめるようですが、実際のところ
自分のお付き合いする範囲内では、演出している例も多く見られます

その人を知る二人の評価がございます
ご近所回り
反応は、いやなこと面倒なことでも喜んでやってくれるとてもいい人
多少遠方の方とのおつきあいでは、
傲慢、不愛想、礼儀知らず
これほどの違いでも、同一人物
皆さんの周りにも多くおられるはず....多分?

現代社会において誰にでもいい人で相対するには、危険も伴います
売り込み来る方にいい人対応では今時惑わされる事態になりかねませんし
自分の大事にしている範疇でのみいい人になる...が正解でしょうか